事業計画の作成

消費者金融業を取り巻く環境は大きく変わってきました。これからは新しい時代を的確につかみ、大手との差別化戦略が必要になってきます。

適切な事業計画なしでは成功はないく

事業の成否は「事業計画」づくりから始まります。適切な事業計画が立てられないようでは、その事業の成功はありません。

1.まずは環境の変化を的確にとらえる
ビジネスの環境は時々刻々変化しています。特にユーザーの動向を的確にとらえる必要があります。
2.自社の状況を正確に把握する
自分の会社の経営資源について、正確にとらえるということです。
3.環境変化と自社の状況を対照し、分析する
環境変化の方向と、自社の現状を十分に照らし合わせ、様々な要因を分析します。
4.戦略の立案
分析結果を踏まえ、具体的な戦略を立案します。戦略で明確にすべきことは、ターゲット、ドメイン(そのターゲットのニーズの内、どんな領域をビジネスとして展開していくのか)、事業の方向、事業目標の設定です。
5.事業計画の作成
戦略ができたら、それを実現するための方法とスケジュールを計画書としてまとめます。

新規成長市場へのアプローチ

消費者金融業界は、従来の金融機関が企業を中心に融資ビジネスを行っていたのに対し、ユーザーのためのリテール金融サービスを提供し、発展してきました。消費者金融業及びクレジット産業が今後も発展していくためには、新たに誕生してくる新規市場や成長市場などの分野をいち早く発見し、それらの分野によい商品を提供し続けることが重要です。