現場を支える支店長

小売業は「店長産業」であるといわれますが、消費者金融業も「店長」によるところは大きいです。しかも消費者金融業の場合、省力化・マニュアル化が徹底されており、1店舗当たりの社員数はかなり絞られています。それだけに「店長」の経営管理力が問われます。では、支店長の業務とはどのようなものでしょうか。

社員が取組む与信審査や融資業務、債権管理の確認など、実務全般に目配りをして決済を執り行ったり、支店としての営業戦略の策定や、目標設定などバラエティ豊かです。もちろん、営業戦略や目標設定という仕事が重要なのですが、消費者金融業の店長は若い人が多いため、社員の管理、つまりリーダーシップが要となっています。